ますだくんまみれ

ありきたりな魔法じゃ もう解けない

NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND のはなし~後編~

 

 

後半!いきます!(後編の始め方を迷走するな)

 

 次はますだくんのソロ曲です。NEVERLANDは4つのエリアで出来ていて、それぞれのエリアの始まりが各メンバーのソロ曲になっています。ますだくんは「音」のエリアです。アツい。音のエリアへの扉が開く前の「"音を楽しむ"と書いて"音楽"」っていうMr.インポッシブルの言葉に泣きそうになったことを白状しておきますね☆← 音を楽しんで歌って踊ってくれる音の妖精ますだくんにふさわしすぎて!!!ますだくんが音のエリアを司るのは運命としか考えられなくて感動に次ぐ感動!!!

 

FOREVER MINE

「ソロはかっこよくてお洒落で踊れる曲」をずっとずっと貫いてきたますだくんが30歳になったタイミングで新境地を開拓したのがFOREVER MINEです。ますだくんがライブの本番前に声出しのために歌ってきた、何百回と聴いてきた、ますだくんの大好きな曲。そんなのわたしにとっても大切に決まってるよね(泣)

山下達郎さんのカバー。音もテンポも原曲と同じ。ますだくんが声で勝負してきた。結果はますだくんの圧倒的勝利こちらは惨敗。降参。白旗。

メインステージにスタンドマイクが1本あるだけで、照明も幻想的で大人しい印象で。これ喉の調子が悪いときは鬼門になるだろうしちょっとでも声がひっくり返っただけでも目立っちゃうやつだ~って心配だったんだけどそんなわたしの安直な心配なんて必要なかった。公演が続いて声枯れ気味のときでもそれに対応した歌い方をますだくんはちゃんと修得していました。かっこよかった。

福岡の最後の公演、歌いだしの歌詞を間違えてしまったますだくんが「ごめんもっかいやっていい?」とだけ言って一度はけてソロをやり直したんです。このことについて賛否両論あるみだいだけど、わたしは「歌い直す」という決断を咄嗟にできたますだくんは賢かったと思います。(何様)あのまま、間違えたことを引きずったまま歌い続けてしまうよりずっと良かったと思うんです。ミスをしたことではなくてそのミスをどうやって乗り越えたのかが大切だ、って就活生のわたしは耳にタコができるくらい聞かされてESを書いてました(笑)だから、すぐにやり直すっていうますだくんなりの乗り越え方に納得したし、それにあのとき慌てた素振りを一切見せずに冷静に動いたますだくんの18年半分のキャリアの凄さみたいなものを感じてドキドキしました。仕事ができる男の人ってかっこいいよね♡(あほっぽいコメントやめれ)

歌い終わって花道を少し進んでお辞儀するとき、ずっと手を合わせて「ごめんね」って謝る素振りをして、いつもより深く頭を下げたますだくんに半泣きで拍手したし、「よかったよ!!今日のFOREVER MINEもめちゃくちゃ良かった!!大好き!!ありがとう!!」って(心の中で)叫びました。

ツアー後半では「腕〜のな〜かでぇぇ⤵︎えええ⤴︎ぇぇぇ〜〜〜〜〜⤵︎」って伸ばし方してて、ますだくんのアレンジセンス素晴らしすぎて、わたしは静かに腰を抜かすことしかできませんでした。

(ドームでは最後にお辞儀したところから次の曲するセンステまで遠くて、暗転した瞬間にセンステにダッシュするますだくんが愛おしすぎて困った困った)

FOREVER MINEだけで1000字近くなったヤバイ(ヤバイ)

 

Silent Love

I guess I knew it from the start

どれだけ触れ合ってても 遠い heart

キミは baby すでにso far

静かに涙しI was torn apart

あの日あの夜あの時keep on reminiscing

行き場のない気持ちにはない medicine

時のflowが 溶かしてくtwo

but Iwanna hold you

and be as one now

どこにある KEY

to your heart I wanna see

だけど何を言っても後の祭り

戻りたいのに戻れないから

しがみついてるmemory

実は伝えたかったmy Silent love

これ全部ますだくんのパート。全編ラップ。しんどい。これをひっっっっくい声で歌います。「戻りたいのに~」あたりからもう本当に鬼気迫る表情で苦しそうにもがくみたいに歌います。わたしは「ああ、ああ、あああああ、、、(泣)」ってなってました。(気持ち悪さが拭えない)このラップ、メンバーとJr.がますだくんのバックダンサーみたいになるんだけど「ますだくんがこの世の頂点、、、帝王、、、最高、、、(韻)」となるので増田担としては非常に幸せな時間でした。(ポンコツ

Silent Loveはパート割が斬新でますだくんのパートは曲の後半のこのラップと手越さんパートのサビにちょいちょい短い爆イケラップ挟んでくるくらい(「くらい」とか言ってるけどこれだけで充分しんどい)なんだけど、ますだくんパートじゃないときでも全然楽しめる。Because ダンスもめちゃくちゃにイイ。ますだくんは腰の使い方が上手すぎるんだわァ、、、(語弊)腰の可動域となめらかさどうなってるの????人間の骨とか筋肉の知識皆無だから考えたところで何の結論も得られないけどさァ。(残念)あと「言えなくて 言えなくて」のときの手で口を覆うみたいな振付天才。ますだくんが妖艶。そして切ない。1番と2番の間奏で移動して指鳴らす音と同時にターンするんだけどそれがとんでもなく美しいことにもっと早く気づきたかったです。(後悔)

ていうか今思ったんだけど「音」のエリアに「Silent Love」持ってくるセトリなんてお洒落が過ぎない????えええええ?????(うるさい)

Silent Loveマルチアングル全力で待ってます(親愛なるJE様へ)

 

ミステリア

振付がめっちゃ好き。腰落とすますだくんフェチ(響きがヤバめ)だから。Jr.を「影」「化身」に見立てた(と思われる)演出もすごく素敵だった。歌詞の意味をパフォーマンスで表現してる~!って感じ!(コメントの偏差値2)

流れてゆくサクラの雪

狂ったように ヒラ ヒラっと舞った

のますだくんが歌詞の通り少し狂気じみた感じで歌っててゾクゾクしたし「あ~~~ますだくん表現者として天才~~~~!!!」って思いました。スキ。

Silent Loveから踊りっぱなしで、他のメンバーのパートでダンスもしなくていいときに肩で息してるのを見つけたときは大丈夫か~ってなった(過保護)と同時に、えっち、、、ってなった(不謹慎)ので人間って器用だなって思いました←

 

BYAKUYA(東京追加曲)

イントロ流れたときの「!?!?!?!!!!!!」感(なにそれ)

よく考えたらハロウィン音楽祭でも披露されたこの曲がNEVERLANDのセトリに入るの当然だった。大抜擢!

Twitterでもつぶやいたんだけど、歌い出しの「時計が止まる」を1日目は「とけーいが止まる~♪」って伸ばして歌って、オーラスは「とけ、いが止まる~♪」って音源に寄せた歌い方をしてくれて、2パターン聴けて嬉しかったなあ~~~!とっても贅沢なことした気分(?)

 

さくらガール

さくらガールのダンスはますだくんのためにあると思ってる芸人(初耳)なので、Whiteぶりにがっつり踊ってくれて嬉しかった~~ありがとう~~!しかも今の髪型で踊ることによって首傾けたときとか俯いたときに伸びた前髪が思いっきり顔にかかってsoooooooooooooooooo sexy、、、、、SUKIってならざるを得ないよね。指先までしっかり集中して丁寧に繊細に踊るさくらガールのますだくんは美しいです。モノクロ×ピンクの衣装で、それも演出のひとつにしてるのかなって思うとライブで定番になってる曲でも、ムードを大切にしてる感じがして素敵だよね。まあわたしの深読みかも知れないけど。(深読みグセが直らない)

次が手越さんソロだから後半で手越さんがはけるんだけど、「ラ ラ ラブ サクラ」のとき手越さんがいない分ますだくんがリードして歌ってた(フィルターかかりまくりの耳で聴いてますご容赦ください)のがかっこよくて胸キュンでした。←

 

BLACK FIRE

穴のあいた黒トップス、ゴールドのタイトなボトムスに、トゲトゲとかスタッズがたくさんついたベストを気怠げに羽織ったグラサン爆イケかっこつけますだくんの登場です。(宇宙イチかっこいい)

ロックバンドの寡黙なベーシストみたいな佇まいしやがって~~~~!低音のハモりが持ち味で歌もべらぼうに上手いベーシストみたいな歌い方しやがって~~~~!(例えが伝わりづらい)

「きっと ずっと 一緒?」のときに自分と客席を交互に指してるの見たときはどうしようかと思った。バンドマンと付き合ったらろくなことないってわかってるけど付き合いたさしかないでしょ。まあますだくんベーシストじゃないしNEWSはロックバンドじゃないんだけど。(ポンコツ

最後の「BLACK FIRE(爆イケ低音ボイス)」で毎回ハアン、、、ってなってた。(キモい)ますだくんの声が最強の武器すぎてズルい。あんなの普通に勝てないわ(白旗)

 

バンビーナ

初日にイントロでわたしが死を悟った曲。(ガチ)

指輪の傷跡 見ながら何を 想うの?

あいつなんて 忘れさせてあげるよ

 

もっと感じさせてやるよ

ますだくんのパート(2つ目はセリフ)しんどすぎない??????「指輪の傷跡~」で自分の左手見たり首筋なぞったりするし、「あいつなんて~」は少し口角上げて歌うときもあれば険しい顔して歌うときもあって、ほんとありとらゆる女を抱いてきた感ハンパない。(人聞きが悪い)

セリフの方はぜひ初日とオーラスを比べて見たい。初日は渋々言ってる感がすごかったの(笑)それが公演を重ねていくにつれて溜めたりかったるそうに言ったり挑発するみたいな言い方したりでもう大変、腰にクる。(やめとけ)

2012年のツアー以降、毎年なぜか受験期の終わりごろに「受験勉強がんばったリスナーにご褒美」としてKちゃんNEWSでこのセリフを言わせようとされるっていうイジり方をされていて、やりづらくなっていそうで、もうライブでちゃんと聴けるのは難しいかな、って心のどこかで思っていました、実は。(笑)それにますだくんがやりたくないなら無理にしなくていいよ!って思ってた。(よく考えたらますだくんは「やりたくない」なんて一言も言ってないんだけどね!こういうところが深読みグセの悪いとこね!(土下座))だけど30歳のますだくんはさらっとやってのけてしまった~~~ラジオではグフグフ笑ってカワイイ愛しいますだくんだったのにNEVERLANDではバッチリ悪い男だった~~~かっこよかった~~~プロ根性~~~好き~~~!

 

ANTHEM(東京追加曲)

 女抱いたあとに讃美歌歌うやつがあるかよ、、、サプライズすぎた、、、「うぉーーおおおおーーーー」って聴こえた瞬間に5万5000人が「えええええ!?!?」ってなったよね。(断定)しかもますだくんサングラスしたまんまだから。ANTHEM~サングラスチョイ悪ビジュアルver.~だったからね。斬新すぎて意味わかんなかった。ただラップのイケ具合に拍車がかかってたからほんとサングラスってキラーアイテムすぎ。(スキ)

 

チャンカパーナ

アリーナサイズではチャンカパーナの前半がサングラスver.でした。これもなかなかの爆弾だった。

深夜バスで君を見た 息を呑むような黒髪

なんてサングラスしたますだくんに言われたらホイホイついて行ってうやうやしく服脱ぐでしょ!?(品性の欠片もないコメント)

ドームではチャンカパーナからトロッコに乗って外周。ますだくんが乗ってるトロッコは汽車。いよいよ舞浜。まさにパレード。好き。汽車の先頭に歩いて行ったときはもうミッキーやないか!!!!って心の中でつっこんだし、煙突(?)におててかざして水蒸気が噴射されたタイミングでおててブルブルさせて遊んでたの可愛すぎて双眼鏡で見ながらわたし「カワイイカワイイカワイイ」って唱えてた。(通報)

 

チュムチュム

ますだくんのボールの投げ方が忘れられない(チュムチュム関係ない)足元のカゴから片手で2つボール持って(ああおてて大きい(泣)ってなった手フェチ)もう片方の手で投げる!っていうのをすごいスピードでやってた。投げた先は一切見てなかった(笑)ワイルド(笑)ますだくんボールの行方見守って取った相手に手振ってあげたりしそうなのに(笑)一切しない(笑)変なとこドライで愛おしい(笑)←

トロッコの段差に片足乗せて(脚のストレッチしてるっぽかった)柵に腕乗せて少し身を乗り出してスタンド席を優しい顔して眺めてたの、わたしが大好きなアイドルますだくんでした!

 

渚のお姉サマー(東京追加曲)

 ますだくんひとりでノリノリで踊ってて可愛かったぁ~~~~!!ご機嫌だったね!!ますだくんがご機嫌ならわたしもご機嫌!!(ポンコツ)そして30歳の「Oh Baby」聴けて嬉しかった!!!!

和歌山からサマラバ、東京で渚のお姉サマーが追加されたことで、NYAROとあわせて東京ドームではますだくんの3大「こっち向いて」ソングが揃いました!!!めでたい!!!

こっち向いて こっち向いて 僕だけのはずのエンジェル

(サマラバ)

 

オトナの会話(はなし)をしよう だからこっち向いて

(渚のお姉サマー)

 

あれじゃなきゃダメなんだ

こっち向いてちょーだい  渚のエンジェル

(NYARO)

 これ気づいたときめっちゃにまにましたしこれ書いてる今もにまにましてる(「こっち向いて」を言うますだくんフェチ)

 

weeeek

ポンポン持ったJr.が花道の両サイドに並んでる間を通るときに「めぐりめぐる めまぐるしく回る」のとこを「じゅにあ、とじゅに、あのあいだをとおる♪」ってニコニコ歌ってたのとかJr.がポンポンで作ってくれたハートのなかでニコニコしてたのとか、カワイイのオンパレードすぎて渋滞してた、、、(スキ)

 

ポコポンペコーリャ

ますだくん×半濁音=カワイイの頂点

生きてるとお腹すくよね~っていうのをカワイイかつちょっとトンチキに歌った曲(言い方)なんだけど、「ねむたいよ」で眠くなる魔法かけられて本当に寝ちゃうにゅーすちゃんというオプションが追加されて更にカワイイ。ますだくんの寝方がさ~ツアー前半は横向きで肩肘ついて手に頭乗せるっていう添い寝彼氏スタイルで、ツアー後半は大の字で寝っ転がってせり上がったセンステの端から頭出して髪の毛だらーんってなるっていう何とも愛おしいスタイルでした。2パターンの寝方で楽しませてくれてありがとう。意地でも床に髪つけたくなかったの愛おしいね~~~(でれでれ)

踊りの魔法で目覚めたますだくんが変な風に魔法かかっちゃってずーっと手をチョキにしたままへらへらしてたり、「だーんす!」とか「ふぁいあ!」とか連呼したり、可愛くてキュートでプリティーだった。(同義)

サビの「モグモンモグーリャ」下ハモしてたますだくん天才じゃなかった!?!?!?広島では大サビのますだくんソロパートでも下ハモ歌っちゃってくれたおかげ(?)で下ハモはっきり聴けてレアだった~♡←

 

流れ星

汽車の汽笛が鳴って、ああますだくんが帰っちゃう、行かないで( ;  ; )って思いながらクレーンから手を振りながら歌うますだくんに手を振ってた。

「あの空が泣き出しても 心の中に星空描いて」のあとに「うぅう~~ふっふ♪」ってますだくん歌うんだけど、このときのますだくんの顔が本当に綺麗で、ああNEVERLANDは天界とかにあって、ますだくんはその住人なんだなって思うくらい美しかったの。(そろそろ伝わる例えをせい)

何一つ終わってない

未来へと手を伸ばせ

まだ歩けるだろ

っていう2番の歌詞にわたしは何回も励まされてて、就活しんどくてもうやだ!って思ったときは流れ星のこのますだくんパートを聴いてました。ライブでは 1番しか歌われてなかったんだけど、おそらく広島から(自信ないんかい)2番も歌ってくれるようになっててこのパートも聴けて嬉しかったなあ。

 

U R not alone

「この曲を泣かずに歌える自信がない」ってますだくんがwebの連載で言った曲。ますだくんが歌ってる姿が、今までに見たことないくらいパワフルで、あんなに丁寧に歌うますだくんがもう気持ちのまま叫ぶみたいに歌ってて、毎回涙なしでは見られない曲でした。福岡でTシャツの襟を引っ張りながら顔真っ赤にして歌うますだくん見たときが一番泣いたかもしれない。アリーナの U R not aloneは。一番はドームの1日目です。(でしょうね)これについて書き始めると重たいことしか言えなくなるし、何日か前にひっそり更新した記事で思う存分書いたのでここで言及するのはやめときます(笑)

札幌で初めてこの曲を歌うますだくんを見て、こんな歌い方するんだってすごく驚いて、少し戸惑って、ポンコツのわたしには受け止めきれないかもしれないってわりと本気で悩んだんですけど(笑)ますだくんがあんなに全力で全身で伝えようとしてくれてるんだから、ちゃんと受け止めなきゃと思って頑張りました。(知らんがな)

鼻を赤くして目を潤ませて歌っていたこと、膝を曲げて力を込めて歌っていたこと、マイクを下におろしてただただ叫んで歌っていたこと、歌えなくなるくらい泣いてしまった公演があったこと、絶対に忘れない。と心に誓いました。(重)

この曲の後半でますだくんがツアーのタオル掲げるんだけど、広島でバクステ側のスタンドの席だったわたしはますだくんと同じタイミングでタオル広げました。(奇行)NEVERLAND最高!ありがとう!大好き!の気持ちを込めて!!(奇行)ますだくんに伝わったかどうかはわかりません!!(残念)

わたし自身この曲にめっちゃ勇気づけられました!就活という闇に突入したわたしの応援歌でした!ありがとう!このタイミングでこの曲を歌ってくれたにゅーすちゃん!ありがとう!ぜひリ〇ナビかマ〇ナビのテーマソングとして起用されてほしい!!

 

 

 

長々と前後編に分けてだらだら書いたわりに中身がスッカスカで相変わらずポンコツ丸出しなんだけど文字に残しておきたかったこと忘れたくないことを書き留められてよかった~~~!

 

ますだくんを見つめ続ける2時間半は、相変わらずこの世のどんな時間よりも幸せな時間でした。今年も笑顔や感動や笑いや温かい気持ちをたくさんくれてありがとう!ペンライトの海の中で楽しそうに笑ってかっこよく踊って心を込めて歌うますだくんがやっぱり大好きだ~~!

 

 

また来年、ステージの上で輝く姿が見られますように。

 

 

 

お題「私のNEVERLAND」

お題お借りしました!ありがとうございました!

それにしてもいろんなNEWS担の方に見て頂くの恐れ多すぎ(笑)ますだくんのことしか書いてないブログですが、ここまで読んでくださった皆様(いらっしゃるのかわかりませんが)ありがとうございました!