ますだくんまみれ

ありきたりな魔法じゃ もう解けない

ますだくんが31歳になったのでますだくん自慢をします(?)

 

 

 

 

 

ますだく~~~~~ん!!!!31歳のお誕生日おめでとう~~~~!!!!すきスキ大好き!!!!愛してる!!!!

 

 

 

 

 

今日は1年に一度 重要度 世界一の

大切な君の記念日 また1つ綺麗に

なんてよく言ったもんだよね?これますだくんのパートなんだけど心の底から「こっちのセリフだよ」と言いたい。

 

f:id:knmks__86:20170701161937j:image

この増田貴久(30)っていう字面に慣れることなく増田貴久(31)になる日を迎えてしまったわけなんだけど、今自分で増田貴久(31)って打ちながらめっちゃドキドキした。しんどい。(知らんがな)

 

 

 6月30日のMASTER HITSで、「みんなよく1年はやかったな~って言うけど、俺はちゃんと1年は1年に感じていて、1年経ったな~って思ってます」(ニュアンス)っていう毎年の誕生日や年末にますだくんが言ういつもの言葉が聴けたので、ますだくんにとって充実した30歳だったのかなと思って安心しました。(誰目線)

 

 

 

  • 初のバラードシングル「恋を知らない君へ」リリース
  • 4人で初めての24時間テレビ メインパーソナリティー
  • ビジュアルの路線変更(前髪を伸ばした)
  • 4人で初めてのMステスーパーライブ出演
  • ソロ曲で初めて踊らないバラード曲(しかも山下達郎さんのカバー)に挑戦
  • やんわり断り続けてきた取材をOKして脱いだ美的2017年7月号
  • ライブのダンスの振付
  •  忘れちゃいけない装苑(付け足す)(ポンコツ

 

 

  ぱっと思いついただけでも30歳のますだくんにはこんなにたくさんの「初めて」や「挑戦」がありました。

  ついにそういうのしてくれるんだね!嬉しい!ってことも、えええそんなことまでするの?してくれるの?ってこともあって、喜んだり驚いたり戸惑ったり、30歳のますだくんの新たな一面たちにたくさんたくさん振り回されました。(幸)

 こういう新しい挑戦と並行して、MASTER HITSが放送600回、テゴマスのらじおが放送300回を迎えたり、増田貴久の〇〇(web連載)もMASU Styling(minaの私服連載)も続けてくれていたり、ソレダメもほぼ毎回呼ばれていたり、キャラパレがネタパレに変わってもレギュラー出演してくれていたりと、今までのお仕事も変わらず続けてくれていて。もうとにかく嬉しくてたまらないです。ますだくんのこと好きなエブリデイ is ハイパー楽しい。

 

新しいことでもずっと続けていることでも、高い完成度でわたしたちに披露してくれるところ。

心配になるようなことも素晴らしい結果を出して、その結果でネガティブな声まで吹っ飛ばしてくれるところ。

過程や努力はできるだけ見せずに「楽しみにしててください(ニコニコ)」「どんな感じなのかな〜ってチェックしてくれたら嬉しいです(ニコニコ)」って軽く報告するだけで、出来上がりを見てみたらとんっっっっでもない傑作ばっかり見せつけてくる仕事のデキる男!何度惚れ直しても足りないです。大好き。

 

 

  25年後の自分へ、55歳でも現役のアイドルを続けていてほしい とか、夢は"続けていくこと"とか、そのために目の前の仕事をひとつひとつしっかりしていかなきゃ とか、大きい夢は持たない(教えてくれてないだけかもだ)けど「継続」という意思を伝えてくれるますだくんが本当にかっこいい。

  何かを続けていくって簡単なことじゃないと思うから。めまぐるしく変化する社会の中で、仕事を続けるっていろんなことに適応して、成長していかなきゃいけないんじゃないかなって、まだ社会に出たことないヘタレ学生は思うんですよ。←  成長しなきゃ、向上心がなきゃ「現状維持」って難しいと思うんだけど、誕生日を迎えて抱負を聞かれるたびに「まあ変わらず、頑張ります」って言うますだくんってどれだけ努力して成長して「変わらず」を実現させてるのか、ヘタレ学生のわたしには想像もつきません。

「まっすーって変わらないよね」って言われるために、並々ならぬ努力をしてるんだろうなってポンコツなりに想像してみてはかっこいい、、、( ;  ; )って涙を流した経験数知れずです。(ポンコツ)変わらない、ブレないアイドルでいる一方でたくさんの新しい一面を見せてくれていること。真逆のことを同時に実行してるますだくんって超!超!超!かっこいいよね???

 

 

アイドルって、ジャニーズって、「生きる道」なんですって。ますだくんにとって。

「NEWSの曲を大切にする義務や責任がある」って思ってるんですって。

コンサートのオープニングで登場して客席を見渡しながら「俺はこの人たちを楽しませなきゃいけない」って思うんですって。

「ファンのことを守ってあげたい、幸せにしてあげたい」って思ってくれてるんですって。

 

どんだけかっこいいんだよ〜〜〜〜?って話だよね?しかも口先だけじゃないからマジで惚れてまうやろ???

ますだくんのこと好きで幸せだ〜〜!ってわたし毎秒思ってて、まあそれを毎秒ツイートしちゃうとフォロワーいなくなっちゃうから5億秒に1回くらいしかツイートしてないんですけど。(ガチ)

 

 

  わたし(たち)が見ることのできるますだくんは仕事中のますだくんでしかない(切ない)んだけど、そんな仕事が、わたし(たち)が見ることのできるますだくんの姿が、ますだくん本人の意識の中心にあるってすごく幸せだなって。わたし(たち)に見せる自分を「生きる道」だと言って大切にしてくれてるって思うと、幸せで幸せで簡単に泣けてくる。

  きっとわたしは社会に出ても仕事が人生の中心だ!って思えない気がするから。気がするというか当面は相変わらずますだくんが中心の人生になるから。

  わたし自身がそんな感じだから余計に幸せを感じちゃうんだよね。ハァますだくん好き。

 

 

 

  わたしは「仕事中のますだくん」が一番発揮されるのがコンサートだと思っていて、そのコンサートを見てわたしは「この世にこんな幸せな場所があっていいのか、、、?」「わたしはこんなに幸せ者でいいのか、、、?」って思うくらい幸せなんだけど、そんなわたしにとって最も幸せな空間であるコンサートをつくるのを「好き」って言ってくれるんだよね、ますだくんは。

  ますだくんはグッズ、演出、って携わって、衣装はメンバーのソロ曲のもの以外全部ますだくんがデザインしています。「リハして本番で歌って踊る」だけじゃなくて、コンサートを「つくる」ことにも時間と情熱をかけてくれていて、それを「好き」って言ってくれます。

  そうやってつくったコンサートを、本番で自信満々に誇らしげにパフォーマンスするんです。客席を見渡して幸せそうに満足気に笑って。遠い席にまで目を向けて大きく手を振って。嬉しそうにパフォーマンスするんです。

  コンサートをつくることから始まり、本番の歌ダンスその他の立ち居振る舞いすべて最高で。

 

 

そんなのさ、

すごくすごく贅沢なことじゃないですか。

すごくすごく幸せなことじゃないですか。

 

 

 

  なんて優しくて、なんて温かくて、なんて情熱的で、なんてかっこよくて、素敵なアイドルに出逢えて、好きになれたんだろう、って思ってます。

 

 

  わたしはあほだしポンコツだし平凡極まりなくてそれなりに嫌なことも多い人生だけど、増田貴久さんというアイドルを見つけて、好きになれたことはわたしの人生における大成功な出来事だって胸を張って言えるんです。

 

 

 

 

 

 

  増田担としてこれ以上ないくらいますだくんから幸せにしてもらっているというのに、どうしようもなくますだくんへの恋心を止められない最低の女なので、ますだくんがアイドルとして完璧すぎてどうしても遠く感じてしまう自分も存在するのが情けなくて後ろめたくて愚かでしょうがないんだけど。(笑)

でもたぶん、ますだくんが完璧にアイドルをしてるところもわたしがますだくんに惚れてる一因だと思っていて。とういうか間違いなくそうなんだよね。ほら仕事できる男って魅力的じゃん?惹かれるじゃん?その原理だよね☆(黙れ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年は計画的にお誕生日ブログ書き進めたのに今年は完全なる見切り発車ゆえのぐだぐだ感。ますだくんごめんよ。(ますだくんは読んでない)

でもこのひたすらにますだくんの自慢話をする感じ、悪くない。

 

 

そろそろ〆に入ります!w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  とにかく、おたくとしてのわたしも、ますだくんにガチ恋こじらせてるわたし()も、ますだくんのことが大好きです。ますだくんは世界でいちばん大切な人です。

 

 

 

 

 

  30歳のますだくん、1年間ありがとうございました。お疲れ様でした。好きでいさせてくれて、夢中でいさせてくれてありがとう。

  30歳のますだくんが見せてくれて聴かせてくれた、笑顔も笑い声も、泣き顔も涙声も、歌声もダンスも、優しく紡がれる言葉たちも、キラキラした夢のようなコンサートも、何ひとつ忘れたくない大切な思い出です。たくさんの宝物をありがとう。

  30代という新しいステージのはじめの1年が、ますだくんにとって充実していて実りある年になっていたらいいなと思います。

 

 

 

 

  ますだくんが自分のことを31歳って言うたびに、WSで "増田貴久(31)"ってテロップ出るたびに少なくとも年末くらいまでは「う"っっっ(泣)」ってダメージ食らうんだろうけど(笑)、ますだくんがまたひとつ年を重ねたことを心から嬉しく思います。

 

 

 31歳になったますだくんにもたくさん振り回されたいです。(どえむ)

新しい挑戦も、ますだくんが良いと思ったことは何だって大歓迎です。

嬉しそうな姿を、楽しそうに笑う顔を、たくさん見られたらいいなって思っています。

やりたいこと、好きなことができますように。

夢が叶いますように。

 美味しいものを食べて、美味しいお酒が飲める日々でありますように。

「良い日だったな」って思える日が1日でも多くありますように。

 そして、サーティーワンますだくんのもとに某アイス屋さんのCMオファーがきますように。(笑)

 

 

 

 

 

 

笑っていてください。

 

幸せの真ん中にいてください。

 

 

 

 

 

生まれてきてくれて、本当にありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

31歳の増田貴久さんへ、

ありったけの愛を込めて。

 

 

 

 

 

 

 

 

ますだくんの未来に幸あれ!!!!!!!